【痩せる炭水化物?】じゃがいもは太る?太らない?腹持ちがよくダイエットにいい?

 

 

ジャガイモってどんなイメージですか?

太りそうなイメージがある【じゃがいも】ですが、実はダイエットにいい食べ物なんです。

ご飯と比べても腹持ちが良く、低カロリーなので食前に食べたり、

主食に置き換えをすることで痩せることが出来るそうです。

 

今回は、そんなじゃがいもダイエットの効果と方法を紹介です。

 

じゃがいもがダイエット中に良い?

一見太るイメージがあるじゃがいもですが、

実はダイエットに効果的な成分が含まれているんです!

 

炭水化物を多く含むため、「食べると太る」というイメージはあるのですが、

管理栄養士・料理研究家の関口絢子さんによると、意外にもダイエット向きの食材だそうです。

 

満腹指数の高いじゃがいもを食べ、満腹感を持たせることにより、

通常の食事よりもカロリーが抑えられるというものです。

【手軽で簡単だけど危険?】糖質制限ダイエットの注意点って?

この【じゃがいもダイエット】は、料理研究家の浜内千波先生が提唱した

ダイエット方法でもあります。

「えっ!ジャガイモで?」と思われる方も多いとかと思いますが、

実践された方で1ヶ月で2kgのダイエットに成功された方もいるそうです。

 

何故ジャガイモが効果的?

何故ジャガイモがダイエットにいいの?

それは、満腹感を得やすいからです。

じゃがいもが体の中で分解される時に出る【ペプチド】という成分が

小腸に働きかけて、脳から満腹ホルモンを分泌させる働きがあるようです!

ジャガイモのペプチドを食前に摂取すると食事量が減ったほか、

朝食時にとると、昼食時まで満腹感が持続したという方もいます。

 

じゃがいもに含まれる【ポテイン】と呼ばれる成分が含まれており、

ポテインの効果により満腹感を高め食べ過ぎを防ぐ事により、ダイエットに役立つんです。

 

また、じゃがいものでんぷんは、水分を吸収しやすく粘度が高い為に、

胃により長く留まる傾向があるとも言われています。

 

ご飯と比較!カロリー半分で腹持ち2.5倍?

ご飯とじゃがいものカロリーを比較すると、

何とじゃがいもは白米の約半分のカロリーしかありません

 

また、じゃがいもはパンに比べるとカロリーが低く、

腹持ちも圧倒的に良いため、食べ過ぎを防いでくれるんです。

 

腹持ちの点でも、白米よりじゃがいもの方が約2.5倍もお腹に留まって、

満腹感を持続してくれるんだそうです。

パンとじゃがいもを比べると、何と3倍の腹持ちなんだそうです。

 

ジャガイモの吸収されにくい【難消化性でんぷん】

じゃがいものでんぷん質には、先程も記述しましたペクチンが多く含まれていて、

これが水を吸着して膨れて、刺激物から消化器の壁を守ってくれるので

腸の働きもよくなって便通も整います。

 

便通がよくなるのもダイエットには嬉しいですよね!

 

でんぷんの中でも消化せずに大腸まで届き、

食物繊維と似た働きをする【難消化性でんぷん】には、

腸内環境を改善する効果もあるんです。

それだけではありません。

 

【難消化性でんぷん】は、腸の中の善玉菌の餌になることが分かっています。

善玉菌が腸の中に沢山いる状態を保つことにより、血液の流れを良くし、

新陳代謝アップにもつながるんです。

新陳代謝がアップすることは、ダイエットにとってプラスになるだけでなく、

お肌の調子を整え、美白効果や美肌効果も得られるんだそうです。

 

じゃがいもダイエットの方法・食べ方は?

ルールは簡単です。

食前に食べる!

これだけです。

 

基本的に、じゃがいもダイエットは毎食、食前にじゃがいもを

皮ごと1個以上食べるダイエット法になります。

できれば、食事の30分前がいいです。

 

これは一言でいつもの食事をする前にじゃがいもを食べて、

ある程度お腹をふくらませてから食事する

→結果いつもより食事量が減る

→体重が減る。

というサイクルが理想です。

 

この様に、ご飯の代わりにじゃがいもを食べて、

カロリーを抑えることを目的に使うことをおすすめします。

【ダイエット中の米】炭水化物は冷やせば太らない?糖質吸収を抑えられる?

ジャガイモを食べる時の注意は?

ジャガイモの食べ方は、やっぱり電子レンジやお鍋で蒸かしてシンプルに

塩などで味付けして食べるのがベストです。

 

じゃがいもが太るイメージは、よく知られているフライドポテトなどの揚げ物として

よく使われているからです。

このダイエット方法にはもちろん、油で揚げたフライドポテト

高カロリーなバターやマヨネーズを使っては台無しになります。

 

シンプルに茹でたものを食べるだけなら、

低カロリーですし腹持ちがとても良いので、

ダイエット食材としても優れているんです。

じゃがいもを1〜2個食べると同時に、コップ1杯のお水を飲むことにより、

じゃがいもが水分を吸収して、胃の中で膨らみます。

満腹感をより高めたい人は、多めにお水を飲むと良いです!

 

ぜひとも空腹感が耐えられない方にはおすすめのダイエット方法なのではないでしょうか★

【スナック菓子ダイエット】Gowvikes(ガウビケス)の置き換えダイエットは痩せる?その効果は?口コミから検証